炭素・・・原子番号6,原子量12.01115の元素で、自然界に広く存在します。

炭素の同素体(元素が同じでも、構造が異なる物質)は、ダイヤモンドや、黒鉛(グラファイト)がよく知られています。

1985年、炭素の第三の同素体として、C60が発見されました。

C60は12個の5角形と20個の6角形からなるサッカーボール状の構造をしています。

C60は直径0.71nm(nm・・ナノメートル・・1/1000000000メートル)という小さなサイズ、究極性の高い対称性から

多くの研究者の関心を引き、その功績で、発見者のH. W. Kroto, R. E. Smally, R. F. Curlの3人は

1996年のノーベル化学賞を受賞しました。

C60のほかにもC70、C76・・・などの大きな籠状分子が存在し、これら一連の分子をフラーレンと呼びます。

そして、フラーレンの大量合成の研究中に飯島澄男氏がナノチューブを発見しました。


ホームへ
 名古屋大学工学研究科量子工学専攻 齋藤研究室<