齋藤教授著書紹介

フラーレンとその関連物質に関する、日本で最初の本格的教科書。 カーボンナノチューブは,C60フラーレンに次ぐ新しい炭素材料であり,エレクトロニクスやエネルギー分野への応用が注目されている。本書は,ナノチューブとその関連物質の基礎から応用までを平易に述べた邦文として最初の入門書である。
フラーレンの化学と物理
著者:齋藤弥八・篠原久典
出版社:名古屋大学出版会
定価:5,500円 + 税
ISBN4-8158-0307-2
カーボンナノチューブの基礎
著者:齋藤弥八・坂東俊治
出版社:コロナ社
定価:2,800円 + 税
ISBN4-339-06593-5
高画質で低消費電力を特徴とする次世代平面ディスプレイFEDの現状を俯瞰するととも に,FEDの実用化の鍵となる冷電子源の開発を詳述している。 材料科学に新分野を創出し,エレクトロニクスからエネルギー分野まで広範な応用が期待されるナノテクノロジー・材料の典型物質「カーボンナノチューブ」について、その製法から物性、実用可能性までを解説する。
フィールドエミッションディスプレイ技術
監修:齋藤弥八
出版社:シーエムシー出版
定価:65,000円 + 税
ISBN4-88231-451-7
カーボンナノチューブの材料科学入門
編著:齋藤弥八
出版社:コロナ社
定価:3,400円 + 税
ISBN4-339-06606-0


戻る